ネットカジノ クラップス攻略法

ネットカジノ比較 クラップス攻略法


ネットカジノ比較 > クラップス攻略法





■ クラップスとは?

クラップス(Craps)とは、2個のサイコロの出目を競うゲームの一つです。

ネットカジノでよく行われているルールでは、プレイヤーがサイコロを振り、、7、11が出れば、ただちにプレイヤーの勝ちになります。逆に2,3,12が出れば、ただちにプレイヤーの負けになります。7を除く、4〜10までの、その他の目が出た場合は、その目がポイントになります。

ポイントが確定した後、ポイントを出して勝つか、あるいは7の目を出して負けるまで、サイコロを振り続けます。

賭け方としては、プレイヤーの勝ち(配当2倍、払い戻し率98.59%)、プレイヤーの負け(配当2倍、払い戻し率98.64%)が代表的で。その他の賭け方もたくさんありますが、払い戻し率が低いため、とても不利な賭け方になります。

戦略性の高いカードゲームとは違い、クラップスは、サイコロの出目で勝負する単純なゲームですが、払い戻し率が高いため、ハイローラーが好んで勝負することが多いです。このため、高額レートで、熱い戦いとなることが多々あります。

クラップスは、イギリスのネットカジノ、ウィリアムヒルカジノで楽しむことができます。


■ クラップス攻略法

確率1/2で配当2倍のクラップスでは、高額レートでの勝負も見据えて、グッドマン法が適しているのではないかと思います。

グッドマン法の賭け方は、勝った時には掛け金を1、3、5、5、5、…と増やし、負けたときには、また1から始めるという、単純なシステムです。確率1/2のゲームで、勝ちと負けが交互にくる○×○×○×○×○×○×…の状態では、利益を出すことはできません。しかし、そのような状態はむしろ稀で、通常は○××○○○××○○○○××××…などのように偏りが生まれます。グッドマン法は、このような状態のとき、勝ちを大きくし、負けを小さくすることができます。偏りが大きいほど、グッドマン法は効果的になります。

グッドマン法の実施例を見て見ましょう。

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
掛け金 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 3ドル 5ドル 5ドル 1ドル 1ドル 3ドル
勝敗 × × × × ×
利益 -1ドル -2ドル -3ドル -2ドル +1ドル +6ドル +1ドル ±0ドル +1ドル +4ドル

勝敗にバラつきが出て、グッドマン法の良い面が表れました。

仮に、グッドマン法で5連勝すると、勝敗は○○○○○×となるため、14ドルの利益がでます。この利益が全くなくなるには、14連敗する、あるいは相当数の負け越しをする必要があります。いかに負けにくいかが、よく分かると思います。




ネットカジノの比較、安全性、信頼性などを解説!ネットカジノ比較

copyright ©  ネットカジノ比較 2008-2017 all rights reserved.